尾道卸売り市場内から瀬戸内の鮮魚やでべらを全国へ販売をしてます。

尾道散歩 夏 第二回
2004年7月6日(火曜日)
猫の細道〜梟の館〜天寧寺(三重塔)〜千光寺(本堂)探索

尾道には、こんな坂道がたくさんあるよ。 猫の細道へ上がる道。ここから歩いて行きます。
尾道はこんな道がたくさんあります。
何処に辿り着くのだろう?とワクワクしながら歩きました。
招き猫博物館 正面 ここが、「招き猫博物館」の入り口です。
入館料は100円。民家をそのまま博物館にしています。
招き猫博物館 壁 これは、博物館の外の壁に掛けられている絵。
本当にかわいいです!
中の撮影は禁止とゆうことで残念でした。
中は、いろいろな猫の置物など本当に猫だらけです。
こんな看板もありますよ。 歩いていたら、こんな看板も目にします。
気になる看板!? 歩いているとこんな看板がありました。気になって覗いて 
みましたが、何もいませんでした。後から聞いた話しによ
ると、すごく大きい犬がいるそうです。
たまたま奥に隠れていたのか、会えませんでした。
だけど、すごく気になる看板ですよね。
謎の「梟の館」 すごく分かりづらいですが、ここは「梟の館」!!
見るからに怪しい・・・だけど気になるので門を開けようと
しましたが、鍵がかかって入れませんでした。
この梟の館は、月に一回、満月の日にしか開かない
夜のミステリースポットです。
「三重塔」から見た尾道の景色 梟の館を通りすぎると、天寧寺にある「三重塔」に到着。
ここから見る景色は、すごくきれいで、この景色は有名
です。ここから尾道大橋も見えます。
千光寺本堂より・・・ 千光寺の本堂に上がって来ました。
もうこの時は、疲れ果て、お土産売り場のおばちゃんに 
話しかけられても、話しが出来る状態ではありません
でした。でも風がとっても気持ちよかったです。

千光寺から見た尾道の景色 本堂から見た尾道の景色。以前までは、ロープ−ウェー
は赤色だったはず!?今は、薄いグリーンに変わって
いました。
普段、地元にいても分からないものですね。
千光寺のシンボル!? これは、千光寺のシンボル!?夜になるとこの玉が
光ります。お土産を売り続けて40年とゆうおばちゃんに
お話しを聞くところ、「千年も、千里も光るようにこのお寺
を千光寺とゆうようになったんですよ。」と教えてくれま
した。

TOPへ戻る