尾道卸売り市場内から瀬戸内の鮮魚やデベラを全国へ販売をしてます。



今が旬の牡蠣!美味しく食べれるのは2月下旬まで!

   





カキ(牡蠣)

西洋では『カキはRのつかない月(5〜8月)のものは食べるな』。日本でも同様な言葉に『花見過ぎたらカキ食うな』とあり、夏は身が痩せて味は落ち不味い。その上、夏の海は細菌汚染がひどくなるので、中毒も起こり易い。
最高に美味しいのは,カキがグリコーゲンがたっぷりとなる
12〜2月です。




"
カキと豆腐のスープ "
日本全国に広く分布。主産地は広島、宮城、岡山、三重。グリコーゲンを大量に含み、「海のミルク」といわれるほど栄養に富む。秋からグリコーゲンが増えてうまみが増し、1月〜2月が最もおいしい。
タウリンも多く、コレステロールの低下、血圧の低下に効果がある。生で食べるとつるっとしたのどごしが楽しめる。全体的にふっくらして、灰白色でつやがあるものがよい。表面がヌメヌメしているものは避ける。

 



TOPへ戻る