天然真鯛25cm〜30cmを2匹



田井(たい)商店だけに!鯛!のご紹介。

魚といえば言われればまず思いつくのがタイ。一番魚らしい形をしているのではないかなと思います。
全国の岩礁地帯に生息するので食べたことがない日本人はさすがにいないのではないのでしょうか?
めでたい!!なんていいますが、鯛はそれだけじゃない!!タイはなんといっても!お魚の王様ですよね〜。
縁起がよいのはもちろん(めでたいの鯛)あっさりと上等な味。身は造りに、皮は湯引きにして酢のものに、頭や中骨はあらだきや潮汁に。腸は吸い物にするとおいしいです。焼いてよし、蒸してよし、・・・・まさに魚の王者!!

栄養・効能
脂肪分
が少なく、グルタミン酸やイノシン酸などの旨味成分をバランスよく含むので、淡白な中に独特のおいしさがあります。この味わいの色のあでやかさ、姿のよさで、古くから“魚の王”とされてきました。[腐っても鯛]といいますが、これはイノシン酸が分解されにくく、時間がたっても、比較的味が落ちないところからきています。また、タイは様々な効果の栄養素に富んでいます。良質のタンパク質の他、ビタミンB1・B2が比較的豊富に含まれ、カリウムが100g中400mgあるので、高血圧の抑制に適した魚といえるでしょう。このカリウムの含有量は、魚の中ではカジキ・カンパチ・マグロなどと並んでトップレベルです。また、タイは血液中のコレステロールを少なくするので、動脈硬化などの成人病予防にも一役買ってくれます。栄養とおいしさを備えているからこそ、長寿の魚として親しまれるんですね!!!

料理方法
鯛の刺し身、薄造りでしゃぶしゃぶ、鯛の姿蒸し、鯛の酒蒸し、鯛めし、塩焼き、鯛そうめんなど、瀬戸内では鯛の浜焼きという料理方法もあるんですよ。まだまだ色んな料理方法ができそうな素材です。

その他
日本近海で獲れる鯛は真鯛黄鯛(レンコダイ)、血鯛鰭小鯛黒鯛(チヌ)、平鯛、ナンヨウチヌ、キチヌ、南黒鯛など。皆さんに一番知られているのは真鯛ですね。養殖も盛んなので価格も安定しているんですよ。明石の鯛や、瀬戸内海が美味しいタイの産地のタイとしても有名です。釣りをしていてもタイが釣れたらかなりうれしいんですよね。産卵期は春〜夏にかけて。その直前が旬だと言われています。



TOPへ戻る