酒と肴と男の料理

 大ぶりの皿にほどよくゆでた純白のそうめんが波をなして盛られる。そしてその上には波頭に踊るかのような見事な鯛の姿煮。
 鯛めんは瀬戸内海の沿岸や島々の町や村で古くから親しまれている祝宴料理です。
 祝いごと、といえば鯛料理。特に鯛めんは「両家の親族がめでたく対面(鯛めん)したことを祝う」という意味で結婚式にはつきもの。

鯛ソーメン 写真・写真家 村上宏治

 おめでたいことがそうめんのように細く長く続くようにとの願いも込められ、棟上式や米寿などの晴れの日にも食べられてきました。 地域によっては飾り包丁を入れるところもありますが、縁起をかついで鯛には切れ目を入れないことが多いようです。
  出来上がった鯛めんは、料理もお酒もひとまわりした宴もたけなわ、小皿に分けられ出されます。昔の質素な食生活の中では鯛が食卓に上がることは少なく、それだけに招かれたお客様にとってもうれしいご馳走でした。

◆祝宴料理の華◆・・・取材うら話

 私のうちではやはりめったにお目に掛かる食べ物ではなかったのです。 始めは食べ方がわからず、そうめんつゆにめんをつけて食べて鯛を食べるのかと思いましたが、 これもまた地区によって違うのでしょうが、大皿につゆをかけて鯛のみをほぐして絡めて食べるのですね。
  結構大雑把な食べ物ですが、大勢で食べるときのアノ臨場感・・・いいものですよ。とっても美味しいですね。鯛のオスとメスは見ただけですぐに区別がつくそうです。
  オスは頭の所がデコボコしているけど、メスは丸みをおびえていかにも優しそうな表情をしているのだと、取材先の松岡さんはその見分け方を教えて下さいました。

写真・文 写真家 村上宏治


鯛ソーメンの作り方
(1)

鯛はうろこをとる、竹(金)串で鯛の身に穴をあける。

 
(2) 竹の皮に斜めに切れ目を入れその上に鯛を乗せる。
 
(3) 醤油、みりん、砂糖、塩で味付けしただし汁の中へ、竹の皮ごと鯛を入れて煮る。
 
(4) 大皿に盛ったそうめんの上に鯛をのせる。
TOP
Copyright(C) 2005 有限会社 田井商店 All rights reserved.
制作責任 写真家 村上宏治

波頭に踊る見事な鯛の姿煮 鯛ソーメン 第12話

 

バックナンバー
TOP
 タコ飯
 焼きガニ
 コチの煮物
 イカの刺身
 ギザミのお造り
 カキ(牡蠣)
 デベラ
 イイダコ
 アナゴ(穴子)
 タコ(蛸)
 タイ(鯛)